埼玉県の要らなくなった土地で困っている人はいませんか。手放すタイミングを逃すとどんどん価値は下がってしまいます。

HOME>アーカイブ>不動産売却を考えたら?何を準備すればいいの?

不動産売却を考えているなら

今ある不動産を売却したい、手放すにはどうすればいいのか。そんな時は不動産売却の専門家へ依頼しましょう。

売却に必要なもの

  • 契約や売却に使用する実印の印鑑証明書。
  • 市役所へ行って住民票を入手しましょう。
  • 不動産売却に必ず必要になる権利書の準備。
  • その年の固定資産税納税通知書の準備。
  • 建造確認済証と検査済証を必ず用意。
  • 感知規約と議事録、長期修繕計画書。(マンションのみ)
  • 固定資産税評価証明書。(有効期限は3か月)
  • 委任状や登記原因照明情報などの登記関連の書類。
  • 耐震診断報告書やアスベスト使用調査報告書。
  • 既存住宅性能評価書や住宅性能評価書。

査定の依頼を行う

男女

埼玉県内で不動産売却を考えている場合、まずはどれくらいの価格になるのか査定を行う必要があります。エリアや立地条件によっても価格に差が出てきますが、業者によっても違いが出てくるので、できれば複数の業者に査定の依頼をしてもらうとよいでしょう。査定を行い、その上で最も高額で買い取ってくれるところを探して売却をしたほうが損をすることもありません。また事前に準備をしておく書類などがあった場合には早めに対応をしておくとよいでしょう。

相場のチェック

一軒家

不動産売却を考えている場合、できるだけ相場のチェックは行ったほうが良いです。似たような環境の不動産がどれくらいで販売されているのか、ということを知っておけば、大体の金額も分かってくるでしょう。もちろん販売額と売却額は同じではないので、販売額だけではなく、売却をしたときの価格が分かればなお良いでしょう。埼玉県内でもエリアによってはかなり価格に差があります。人気のエリアであれば高額になりますし、交通のアクセスがあまりよくないところであれば、そんなに期待をすることができません。どういう環境であれば高額買取になるのか、という点も確かめておくとよいかもしれません。また物件の場合には修繕を行うだけでも価格が上がることがあります。

広告募集中